読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年金目当てに無心か パチンコで使い果たす

年金目当てに無心か パチンコで使い果たす

東京・調布市で89歳の男性が殺害され現金が奪われた事件で、逮捕された孫が男性の年金目当てに金を無心していたとみられることがわかった。
山本裕也容疑者は15日夜、調布市で祖父の一夫さんを殺害し、現金を奪った強盗殺人の疑いで28日朝、送検された。

その後の捜査関係者への取材で、事件当日は一夫さんの年金支給日で、山本容疑者がその年金目当てで金を無心しに来ていたとみられることがわかった。
また、山本容疑者は一夫さんから奪った現金2万円余りに加え、2日後に給料9万円を下ろして所持していたとみられるが、翌日には全額パチンコで使い果たしたということで逮捕時の所持金は15円だった。  
警視庁は、山本容疑者が日常的に金に困っていたとみて調べている。

http://www.news24.jp/nnn/news890144737.html
自分で稼いでいたにもかかわらず、祖父からお金をもらいパチンコに使うというこの事件を聞いて
言葉にできないほど私はショックを受けました。

自分の祖父を殺してまでお金がほしかったのか。
自分のやったことを罪に感じていないところが問題である。
逮捕の孫、年金支給日のたびに金を無心

89歳の祖父を殺害し、現金を奪った疑いで27日に逮捕された孫の男は、年金の支給日が来るたびに、祖父に金の無心をしていたことが、新たにわかった。
28日に送検された山本裕也容疑者(23)は2月15日、東京・調布市の都営団地で、祖父の山本一夫さん(89)をはさみで突き刺すなどして殺害し、
現金2万3,000円を奪った疑いが持たれていて、容疑を否認している。

警視庁のその後の調べで、犯行当日は、一夫さんの年金支給日で、山本容疑者は、支給日のたびに一夫さんのもとを訪れ、
金の無心をしていたことが新たにわかった。
一夫さんの知人は、「お金が足りなくなると、山本さんに頼りに来たり、せびりに来て大変だって言ってて」と語った。
警視庁は、一夫さんの年金を狙った犯行とみて調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00008030-houdouk-soci
容疑の孫、金の無心繰り返す 東京・調布の男性殺害

東京都調布市の都営アパートの一室で住人の山本一夫さん(89)が殺害された事件で、
孫で会社員の山本裕也容疑者(23)=強盗殺人容疑で逮捕=が昨年夏以降、山本さんや親族に金の無心を繰り返していたことが28日、
捜査関係者への取材で分かった。

警視庁調布署捜査本部は同容疑者が山本さんに金の無心を断られてトラブルになり、殺害した可能性があるとみている。
捜査本部は28日に同容疑者を送検した。

捜査関係者によると、同容疑者は昨年夏ごろから年金支給日に山本さん宅を訪れて金を無心していたほか、施設に入所している山本さんの妻にも金を要求し、1回5千円程度を受け取っていた。

しかし山本さんは事件の数日前、妻に「孫には金を絶対に貸すな」と連絡していた。
事件があった2月15日は年金支給日で、捜査本部は同容疑者が山本さんを殺害し、室内にあった現金約2万3千円入りの財布を奪ったとみている。

山本さん宅の近所にあるそば店の男性店主(53)は、「山本さんは年金暮らしで金を持っていないのに孫が金をせびりに来て困っている、と不満を漏らしていた」と話していた。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H1X_Y7A220C1CC0000/