読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lenovo、ファミリー向けのAndroidタブレット「Lenovo Tab 4」

Lenovo、ファミリー向けのAndroidタブレットLenovo Tab 4」

Lenovoは27日、「Mobile World Congress 2017」に合わせて、AndroidタブレットLenovo TAB4」シリーズを発表した。
スタンダードモデルとして8型と10.1型の2モデル、上位モデルとして「Lenovo Tab 4 Plus」も展開。
こちらも8型と10.1型をそろえる。いずれも5月の発売を予定する。

Lenovo Tab 4」シリーズはLenovoがファミリー向けと位置付けるタブレットで、OSにAndroid 7.0(Nougat)を採用するほか、
デュアルスピーカーやDolby Atmosといったエンターテイメント機能を搭載する。

また、ユーザーに合わせたオプションパックを用意。
子ども向けのキッズパックには、子ども用コンテンツを提供するほか、視聴するコンテンツや利用時間を監視できるツール、ペアレンタルコントロールなどが利用できる。
さらにビジネスパーソンや若者向けにBluetoothキーボードを追加するプロダクティビティパックによって、2in1デバイスとして活用できるという。

Lenovo Tab 4」の主な仕様は、プロセッサがSnapdragon 425(4コア/1.4GHz)、メモリが2GB、ストレージが16GB、ディスプレイが8型(1,280×800ドット)IPS液晶または、10.1型(1,280×800ドット)IPS液晶。OSがAndroid 7.0(Nougat)。

通信機能がIEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth4.0、LTE
カメラはフロントが200万画素、リアが500万画素。インタフェースはMicro USB、SDカードリーダーなど。
バッテリ容量は8型モデルが4,850mAh、10.1型モデルが7.000mAh。

本体サイズと重量は、8型モデルがW211×D124×H8.2mm/310g。10.1型モデルがW247×D170×H8.4mm/505g。
価格は8型モデルが169ユーロ、10.1型モデルが179ユーロ。

Lenovo Tab 4 Plus」の主な仕様は、プロセッサがSnapdragon 625(8コア/2GHz)、メモリが最大4GB、ストレージが最大64GB、ディスプレイが8型(1,920×1,200ドット)IPS液晶または、10.1型(1,920×1,200ドット)IPS液晶。OSがAndroid 7.0(Nougat)。

通信機能がIEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth4.2、LTE
カメラはフロントが500万画素、リアが800万画素。インタフェースはUSB Type-C、microSDカードスロットなど。
バッテリ容量は8型モデルが4,850mAh、10.1型モデルが7.000mAh。

本体サイズと重量は、8型モデルがW210・6×D123×H7mm/300g。10.1型モデルがW247×D173×H7.1mm/475g。
価格は8型モデルが259ユーロ、10.1型モデルが299ユーロ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000092-impress-sci
レノボの新商品ということで、ターゲットはファミリー。
1台でお子様用にも保護者用にもなるというタブレット
現代の家族にぴったりな商品となっている。
レノボ、仕事用と子供用で変わるタブレット「Tab 4」「Tab 4 Plus」

Tab 4 Plusは価格が高い分だけの価値があるようで、画面やカメラ解像度からプロセッサやワイヤレスネットワークに至るまでのすべてがグレードアップされている。
また、より高級感のある両面ガラスのデザインが採用されている。

どの機種でも複数のユーザーアカウントが設定可能なので、家族や同居者とタブレットを共有し、ソーシャルアカウントなどの独自の設定を各自が維持することができる。
しかしここに、もう少し興味深い点がある。
Lenovoは、子供用または仕事用に操作性を変えられる2種類のアドオンパックを用意した。

「Kid's Pack」には、耐衝撃バンパー、ブルーライトフィルター、キズ防止用の3Mステッカーが含まれる。
キュレーションされたコンテンツを表示する専用の「Lenovo Kid's Account」、安全性が確認されたウェブサイトを表示するブラウザ、そして保護者用のスケジュールツールも含まれている。
基本的に、Amazonタブレット「Fire Kids Edition」や「FreeTime」サービスで提供しているものと同じだ。

「Productivity Pack」は、Bluetooth対応キーボードとトラックパッドを装備するAndroid搭載2in1PCとしてタブレットを使用できるようにするものだ。
こちらもAmazonのオプションに非常によく似ているように思われる。
キーボードとマウス用に最適化されたよりノートPCに近いインターフェースには、タスクバーが表示され、すばやいアプリ切り替えが可能で、マルチウィンドウにも対応する。

https://japan.cnet.com/article/35097273/
Lenovo、キッズ用にもビジネス向けにもなるAndroidタブレット「Tab 4」

Lenovoは、同社のAndroidタブレットの最新製品となる「Tab 4」シリーズを、2月27日(現地時間)からスペイン王国バルセロナ市で開催中のMWC 2017において発表した。

Tab 4シリーズは、HD解像度の8型液晶搭載「Tab 4 8」、10型搭載「Tab 4 10」、フルHD解像度の8型搭載の「Tab 4 8 Plus」、
10型搭載の「Tab 4 10 Plus」の4モデルが用意されている。

それぞれに、児童向け耐衝撃バンパーなどを含んだ“キッズパック”と、10型製品向けにフォリオケースにもなるBluetoothキーボードを含んだ”プロダクティビティパック”と呼ばれるオプションが用意されており、
児童用タブレットとして、そしてビジネス向けのタブレットとして利用することができることが特徴となっている。

■HD解像度の無印と、フルHD解像度のPlusが用意されているTab 4シリーズ

LenovoのTabシリーズタブレットは、「Yoga Tablet」をはじめ、円筒型のバッテリとスタンド内蔵などユニークなデザインが多い同社のAndroidタブレット製品の中では、最もシンプルなスレート型タブレットだ。

Tab 4 8およびTab 4 10は、解像度がHDの8型および10型のディスプレイを採用したAndroidタブレット
クアッドコアのSnapdragonを採用して、メモリは2GBとなっている。DolbyDolby Atomsに対応した、ステレオスピーカーを内蔵している。
カラーバリエーションはスレートブラックとポーラーホワイト。

Tab 4 8 PlusおよびTab 4 10 Plusは、解像度がフルHDの8型および10型のディスプレイを採用したAndroidタブレットとなる。
本体の厚さがが7.5mm~8.4mmと薄く作られている。オクタコアの64bitプロセッサを内蔵したSoC、最大で4GBメモリと32GBのストレージというスペックになっている。

また、DolbyDolby Atomsに対応したステレオスピーカーを内蔵しているほか、指紋認証センサーを備えて、マルチユーザー環境で指紋でユーザーを切り換えて利用できる。
充電端子はUSB TypeーCで、QuickCharge 3.0に対応している。
カラーバリエーションはスパークリングホワイトとオーロラブラック。

■児童向けとビジネス向けをカバー

Tab 4シリーズには、「キッズパック」および「プロダクティビティパック」と呼ばれるオプション機能が用意されており、それを利用することでタブレットを児童用、ビジネス用として最適化できる。

キッズパックには、耐衝撃バンパー、ブルーライトカットフィルター、カラフルな3Mステッカーのペアなどが付属しており、児童用のタブレットに変身させることが可能になる。
児童用アカウントなどの仕組みも用意されており、利用時間の制限などペアレンタルコントロール機能が充実していることも特徴の1つとなっている。

KIDOZと呼ばれる児童向けコンテンツの配信システムにも対応しており、児童向けに有益なコンテンツを供給していく計画だとLenovoでは説明している。

プロダクティビティパックは、Tab 4 10およびTab 4 10 Plusに対応したビジネス向けのパッケージ。
スタンド/フォリオケースになるBluetoothキーボードが用意されており、マウスやキーボードでの操作に最適化されたUIで、
PCライクに文章作成などに利用することができるという。

市場想定価格はTab 4 8およびTab 4 10が169ユーロ(1ユーロ=120円換算で、20,280円)からと179ユーロ(同、21,480円)から。
Tab 4 8 PlusおよびTab 4 10 Plusは259ユーロ(同、31,080円)と299ユーロ(同、35,880円)から。
グローバルの出荷は5月が予定されている。

Lenovoの日本法人レノボ・ジャパンの広報によれば、日本での販売、価格などに関しては未定とのことだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000092-impress-sci