読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールドディスク大賞は嵐=3年連続5回目

ゴールドディスク大賞は嵐=3年連続5回目

第31回日本ゴールドディスク大賞日本レコード協会主催)が26日発表され、昨年1年間のCDやビデオなどの売り上げが最も多かったアーティストに贈られる大賞
「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の邦楽部門は3年連続5回目となる「嵐」が受賞した。
「アルバム・オブ・ザ・イヤー」は昨年解散したSMAPの「SMAP 25 YEARS」、
「シングル・オブ・ザ・イヤー」は「翼はいらない」でAKB48が7年連続の受賞。
恋ダンス」が流行した星野源さんの「恋」は「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」を受賞した。

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20170227/Jiji_20170227X225.html
嵐3連覇!ゴールドディスク大賞最多5度目…アルバムはSMAP

昨年1年間のCD、映像作品、音楽配信の売り上げ実績に基づいて表彰する「第31回日本ゴールドディスク大賞」の受賞者が26日、
日本レコード協会から発表され、嵐が3年連続で史上最多5度目の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」を受賞した。
「ベスト5アルバム(邦楽)」など計4部門の受賞となった。

昨年はアルバム87万9140枚を始め、シングルは219万9436枚、音楽ビデオは126万9802枚の売り上げを記録。
グループとして「最新アルバムのタイトルは『Are You Happy?』ですが、年間通してファンの方々を近くに感じることができた、僕たち自身がまさにHappyな一年でした」と喜びのコメントを寄せた。

「―オブ・ザ・イヤー(洋楽)」はアリアナ・グランデ(23)が受賞。
また「アルバム・オブ・ザ・イヤー(邦楽)」は、昨年末に解散したSMAPのベスト盤「SMAP 25 YEARS」が選ばれた。
同作は昨年発売のアルバムで唯一の邦楽ミリオンに認定。「シングル―」はAKB48の「翼はいらない」。
AKBの同部門の受賞は第25回から7年連続となる。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170226-OHT1T50363.html
ゴールドディスク大賞 嵐が5回目の受賞

去年、CDなどの売り上げが最も多かったアーティストや作品に贈られる日本ゴールドディスク大賞が27日発表され、
邦楽部門の大賞は人気グループの「嵐」が過去最多となる5回目の受賞を果たしました。
日本ゴールドディスク大賞は、音楽産業の発展に貢献した歌手やグループ、作品に対して日本レコード協会が毎年、部門ごとに贈っています。

このうち、CDと音楽ビデオ、それにインターネットの音楽配信などを合わせた去年一年間の売り上げが最も多かった歌手らに贈られる邦楽部門の
「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」は、5人組の人気グループの「嵐」が受賞しました。

去年発売したアルバムと2つの音楽ビデオがヒットして、全体の売り上げを押し上げたことが受賞につながったということです。
「嵐」は3年連続でこの賞に選ばれ、これまでで最も多い5回目の受賞となりました。

また、音楽配信の有料ダウンロード数が最も多かった邦楽の作品に贈られる部門では、
民放のドラマでダンスとともに大きな話題となった星野源さんのヒット曲「恋」が受賞しました。
星野さんは「初めて、ドラマの出演と主題歌を同時に担当した記念すべき作品が、
この年一番ダウンロードしてもらえた曲になれたことを心から嬉しく思います。本当にありがとうございます!」とコメントしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170227/k10010891251000.html
さすが嵐!って感じですよね。
3年連続、5回受賞されている嵐のことこの日本にいるのでしょうか?
恋ダンス」も流行りましたね。
娘も良く踊っていました。
来年は何になるか楽しみです。