読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「レッドタートル」は受賞逃す アカデミー賞授賞式

レッドタートル」は受賞逃す アカデミー賞授賞式
 
米映画界の祭典、第89回アカデミー賞の授賞式が26日(日本時間27日)、米ハリウッドで開かれた。
日本関連作品の受賞が注目されるなか、スタジオジブリが製作に関わり、長編アニメ部門でノミネートされていた「レッドタートル ある島の物語」は受賞を逃した。

同作品は日仏共同製作でマイケル・デュドク・ドゥ・ビット氏が監督。
セリフが一切ない。ジブリ関連作品は同部門で「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」「思い出のマーニー」と86回以降、4年連続でノミネートされていた。
長編アニメ部門は米ディズニーの「ズートピア」が受賞した。

日本関連作品ではほかに、遠藤周作の小説が原作で、米国の巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した「沈黙―サイレンス―」が撮影賞で候補となっていたが、受賞はならなかった。

また、13部門14ノミネートのデイミアン・チャゼル監督のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」が、どれだけ受賞できるかも注目されている。
ノミネート数は「タイタニック」「イヴの総て」に並ぶ過去最多。

助演男優賞は、「ムーンライト」の黒人俳優マハーシャラ・アリ氏が受賞した。
助演女優賞は、「Fences」の黒人俳優のビオラデイビス氏が選ばれた。
白人俳優だけが候補になった前年との対比が目立った。

http://www.asahi.com/topics/word/%E3%81%8B%E3%81%90%E3%82%84%E5%A7%AB%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E.html

今年のアカデミー賞は「ラ・ラ・ランド」がどれほどの数を受賞するかなどと注目を浴びている。
見事主演女優賞にはエマ・ストーンが受賞し、今後もまだまだ数字を伸ばしそうだ。
私もぜひ映画館へ足を運んでみようと思う。
【第89回アカデミー賞】主演女優賞はエマ・ストーン

第89回アカデミー賞の授賞式が2月26日(日本時間27日)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターであり、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーンが主演女優賞を受賞した。
「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」以来2度目のオスカーノミネートで、初の栄冠に輝いた。

11歳の頃から地元米アリゾナ州の劇団や即興劇のグループに所属し、2005年にテレビドラマで女優デビュー。
「小悪魔はなぜモテる?!」(10・日本劇場未公開)で映画初主演を務め、
ラブ・アゲイン」や「ヘルプ 心がつなぐストーリー」(ともに11)でも好演を見せ、「アメイジングスパイダーマン」シリーズ(12、14)ではヒロイン役に抜てきされた。

「ラ・ラ・ランド」は、米ロサンゼルスで夢を追う女優(ストーン)と売れないジャズピアニスト(ライアン・ゴズリング)の恋と人生を描いたミュージカル。
デイミアン・チャゼル監督のメガホンをとった。
第89回アカデミー賞では、主演女優賞のほか、作品賞を含む史上最多タイの14ノミネートを果たしている。
ストーンは今作で第73回ベネチア国際映画祭最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞映画部門最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル部門)、
第70回英国アカデミー(BAFTA)賞主演女優賞、第23回全米俳優組合(SAG)賞主演女優賞など多数の女優賞を獲得した。公開中。
http://eiga.com/news/20170227/17/
アカデミー賞助演女優賞は『フェンス』ヴィオラ・デイヴィス - 初受賞に喜び

第89回アカデミー賞の授賞式が27日(現地時間26日)、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催され、『フェンス』のヴィオラ・デイヴィス助演女優賞を受賞した。

デンゼル・ワシントンが監督・主演を務め、作家オーガスト・ウィルソンの戯曲を映画化した同作で主人公の妻を演じたヴィオラ・デイヴィスは、
「私はアーティストになりました。神に感謝しています。私たちだけが人生を生きること、祝うことができる職業だからです」と熱いスピーチで魅了。
「この映画は人を描いた物語です。そして、言葉、人生、許しを描いたものです」と作品を紹介し、オーガストデンゼル・ワシントンをはじめとする作品に関わった人たちや、
両親や兄弟などへの感謝を述べた。

助演女優賞には、ヴィオラ・デイヴィスのほか、『ムーンライト』のナオミ・ハリス
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』のニコール・キッドマン、『ヒドゥン・フィギュアズ(原題)』のオクタヴィア・スペンサー
マンチェスター・バイ・ザ・シー』のミシェル・ウィリアムズがノミネートされていた。

WOWOWプライムでは、2月27日21時から同授賞式の字幕版を放送。3月5日18時からダイジェスト版も放送する。
http://news.mynavi.jp/news/2017/02/27/161/